卒業研究テーマ

2019年度

  • ロトカ・ヴォルテラ方程式系の構造を保つ差分化
  • 信号機付きSlSCAモデルによる交通流の研究
  • 有限周期解をもつ差分方程式の超離散化

    2018年度

  • 線形振動子の符号付き超離散化
  • ひし形近傍を用いたセルオートマトンによるKdV方程式の解の再現
  • ロトカ・ヴォルテラ方程式の非標準的な差分化
  • 硬性バネモデルに対する様々な解析
  • 確率的セルオートマトンによる渋滞現象の解析

    2017年度

  • ファン・デル・ポール方程式の差分化
  • 格子シフトを利用したセルオートマトンによるソリトンの再現
  • 線形振動子の符号付き超離散化
  • ロトカ=ボルテラ方程式の超離散化
  • 計算機を使った演算の数値誤差に関する考察
  • セルオートマトンモデルによる交通流の研究

    2016年度

  • 3Dプリンターによる曲面の正則点・特異点の考察
  • 線画の解析による立体復元の可能性
  • 離散戸田方程式の解のセルオートマトンによる再現
  • nonstandard methodによる微分方程式の差分化
  • 硬性バネモデルの符号付き超離散化

    2015年度

  • 六角格子上のセルオートマトンが生成する安定パターンの探索
  • KdV方程式の解のセルオートマトンによる再現

    2014年度

  • 非線形バネモデルの符号付き超離散化
  • ライフゲームの3次元拡張について
  • 鳥インフルエンザモデルの正値保存離散化とその線形安定性
  • 交通流の時間遅れセルオートマトンモデルについて
  • 正八面体展開図の再折りによる凸多面体の構成

    2013年度

  • 超離散カルマン・フィルターに関する考察
  • QRアルゴリズムによる行列の固有値計算と有限戸田方程式
  • 鳥インフルエンザ感染モデルの差分化とその挙動
  • バーガーズ・セルオートマトンを用いた交通流モデルについて

    修士論文テーマ

    2017年度

  • 離散可積分系による交通流モデルの時間差分化および超離散化とその厳密解