応用可積分系研究室
准教授 礒島 伸
居室:西館W6015
実験室:西館W6016

法政大学 理工学部 経営システム工学科
〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2
Department of Industrial and Systems Engineering, Faculty of Science and Engineering, Hosei University
3-7-2, Kajino-cho, Koganei-shi, Tokyo 184-8584

プロフィール
学科HP内のプロフィール

研究について

研究対象は非線形可積分系です.
差分方程式をセルオートマトンに変換する「超離散化」という操作を用いて
セルオートマトンの世界における可積分系を中心に研究しています.
研究業績リスト
外部資金
教育活動等の講演

所属学会

日本数学会
日本応用数理学会(応用可積分系研究部会

法政大学での教育について

過去の卒業研究テーマ


2017年度秋学期 担当授業等時間割

1限     
2限  (オフィスアワー)経営工学ゼミナール2 
3限(大学院ゼミ)関数解析学特論2線形代数学及び演習II(卒研ゼミ) 
4限 PBL線形代数学及び演習II  
5限   解析学(3) 

各講義を履修する学生の皆さんへ
空きコマでは原則いつでも質問を受け付けますが,所用で部屋にいないこともあります.
確実に質問したいときは,空いている日時を講義中に尋ねてから来てください.



RIMS研究集会「可積分系数理とその応用」(講演資料の一部も公開中)
日時:2009年8月10日(月)10:00〜2009年8月12日(水)11:50
場所:公立はこだて未来大学 講堂(本部棟4階)
講究録目次(数理解析研究所講究録 No.1700 2010年7月刊行)


リンク

(最終更新 2017.9.21)